Ein glücklicher Charme

  • 2011/02/13(日) 23:21:42

(おまもり)

お正月に家に遊びに来た姉ちゃんが、「お犬様に」とくれたお守り。病気が治るように祈願されているありがたいお守りです。

お犬様の脇腹に脂肪の固まりができて、なかなか病院に連れて行かないわしに、「早く病院に連れて行け」とはっぱをかけてくれたのが、この姉ちゃん。

これだけ聞くとなんか美談ですが、本当は元々は、これは福山とお犬様の二人分のお守りだったのです。お守りは赤と青があったのだけど、女の子用に赤いの2個買ってもつまらないから、二人で一個でいいべという考えの元、赤いのを一つだけ買って来てくださったのだそうです。

つまり、どういうことかというと、我が家で息子のR(わしの甥)に指摘されるまで、姉ちゃんは福山が雌だと思い違いしていたのですた。福山は……雄です。

「来年は赤と青、両方買ってあげるからさ」とのことですた。

お犬様のお守り

頼みますよ……





この記事に対するコメント

ワンちゃんの体、このままなんでもないといいですね
動物は痛いとかだるいとか言えないから
注意深く見守ってないといけなくて
心配が尽きないけど、Kさんも無理しないでくださいね

お姉さん、たまちゃんのことが頭にあって
福ちゃんのことも「女の子〜」って思ってたんでしょうね^^

まなみちゃん、ありがとう。
本当にこのままで、てか、できれば、小さくなって欲しい(^^;
と思ったりもするけど、高望みはダメだよね。
ホント、このままで、ずっと元気でいて欲しいわー。

ほー、たまちゃんかー。
なんか、ヤツ(姉ちゃん)なら、ありがちだなー(^^;
なるほどねー(笑)

  • 投稿者:
  • URL
  • 2011/02/19(土) 10:35:59
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する