Er ist mein Typ.

  • 2010/07/26(月) 02:33:28

(彼はわしのタイプです)

ネスカフェのサイトで、今、大沢たかおの壁紙を配信中だす。てか、自分で勝手に取ってくるんだけど。過去のアーカイブはないので、毎月毎月地道に保存していくしかなく、今月に入ってからこの存在を知ったわしには、それ以前の分については全くの謎なわけで、「それなら、わし持ってるじょ」という人がいたらば、どうかわしにもそれをください、てか、どんなのか見るだけでも全然いいんでつけど(自分、必死だな

大沢たかおの壁紙はこちらから

彼の何がいいって、シャイっぽいとこがいいにょ。あと、顔ももちろんいいんだけど、声がとてつもなく好き。なんか和音の声してて、とーーーても心地よい(わしは声フェチ)。カラオケとかでなく、カーステレオとかの音楽に合わせて、若干脱力気味に突然歌を口ずさんでくれたりなんかしたら、わしはもうもう……

惚れてまうやろーーーっ
(妄想が暴走中)

あと、喉仏もいいなあ。

くぅぅぅぅ。「JIN」の続き、早く見たいど。


ところで、話は全く変わるんですけど、前々から怪しかったモデムの調子が、数日前にいよいよおかしくなり、突然ネットに繋がらなくなってしまいますた。今はもう治ってます。そんなわけで、コメントのお返事が遅くなってごめんなさい。





Heiß! Zu heiß!!

  • 2010/07/21(水) 11:57:42

(あづい。あづすぎる。。)

先月の読売新聞夕刊にこんな記事がでてた。要点だけ書き出してみる。



疲れたら「さぼり」も必要

・疲れを感じる時には、普段より多く仕事の合間に休憩を取り、気分転換をする。

・カフェイン入りの飲料は、心身を覚醒させるが、後から疲労が増すので控えめに。

・アミノ酸の多い豆乳や牛乳は、疲労回復効果が期待できてお勧め。

・それでも、気分が乗らない時は、「無理に今日やらんでもいい」と気持ちを切り替える。

・心や体が「疲れた」と感じる時は、ストレスがたまっているのかも。頑張り過ぎない。

・その日の予定を見直し「さぼること、先延ばしにすること」を一つでもいいので決める。




今日は、朝5時半から犬の散歩。午前中に洗濯を2回しますた。疲れてはいないのだけれども、暑くてたまらんので(趣旨変わっとる)今日は掃除はしないことにしますたっ。

最近は麦茶ばかり飲んでまして、これはこれでいいんだけれども、あとで豆乳も買って来ようかなと。実は豆乳、結構好きで。て言う程、全然飲んでないんだけど。てへっ。

最近また体重に変動がありまして、今、5.5キロデブで落ち着いてまふ。ここまでくるの大変らった。て言っても、特に何もしてなかったんだけども(^^;)。これから先、もしかしてずっと太り続けるのかなあと思ったりもしてたんで、ちょっとずつでも(たとえば3か月に1キロとか)減ってくれれば御の字す。

毎日の食事内容と運動量を書き留めるおダイエット帖は、体重計が使えない時期が結構長くて、その間ずっとサボってて、最近再開しますた。理想体重目指して気長に頑張るべ

つーか、体重よりもなによりも、腹の肉をなんとかしないと、もう白いTシャツなんて着れねえ( ̄_ ̄;)ってのが、わし的に結構な大問題だったりしてたわけなのだけども、ウエストもちょーーっとずつサイズダウンしてきていて、まー、周りは誰も気付いてないであろーレベルの減り具合ではあるんだけれども、うん、とにかく、できるとこまで頑張るべ





Alles in Ordnung!

  • 2010/07/06(火) 15:42:20

(すべてOKです!)

本当は「完了しました!」的な題名にしたかったんだけれども、
パッと浮かんだのがこれしかなく

ケルト童話の短編「ベス・ゲラート」の翻訳が完成しました
よろしかったら、読んで下さいませ。
とっても短い作品なので、お時間はとらせませんです。
訳す時間はたっぷりとっちゃいましたけど。はい

こちらからどうぞ(_ _)

【追記】
コメ欄にも書いたのだけれども、推敲が全然足りませんでした。
一晩寝て、スッキリした頭で、また更新しようと思います(^^;
コメをくれたまなみちゃん、ごめんね。
そして、もう見てきちゃったよ、という方も、ご迷惑をおかけします

【追記パート2】
やっとなんとかぎりぎり納得のいく訳(というか日本語(^^;)になりますた。
かなりのマイナーチェンジですので、
積極的にお勧め&お願いはしないけれども、読んでいただけると嬉しいです。
本当に、ご迷惑をおかけします

どんなとこを修正したのかは、ネタバレになってしまうので
「つづきを読む」で



続きを読む





Meine Katze und meine Mutter

  • 2010/07/05(月) 03:04:00

(猫とお母さん)

あっちのブログを畳む前に、ブログパーツの処分をせねば

というわけで、先日、俳句ブログの整理をしたのですた。すっかり忘れていた俳句も読み返すと、結構作ったときの気持ちがそのまま蘇ってくるもので、なんつーか予想外に愛着が湧いてしまい、いくつかこっちに置いておくことにしました。

たまちゃんが生きていた頃に詠んだ句。ある程度覚悟はできていたものの、まさかそれから一月もしないうちに死んでしまうなどとは知る由もなく、ご飯関連の句が続きます。(たまちゃんは、2004年10月12日に永眠)現実逃避っていうか、少しでも日々を明るく過ごしたいとの思いがあったので、わざとおどけてた部分もありますた。たまちゃんは、わしが暗い顔で泣いたりすると、あからさまに嫌な顔をする猫ですた

歯が弱り旨さ知るなり焼きはんぺん  食欲の秋来たりなばゲボを吐き  君がため食事変えたら腹下し

左から(04.09.14)    (04.09.25)    (04.09.28)

定まらぬ猫の食指と秋の空  たまちゃん

(04.09.30)

たまちゃんは、残された日がわずかとなっても、体調が少しずつ悪くなっていっても、生活態度は普段とあまり変わることなく、頑固で、トイレにもちゃんと自分で行き、失敗してもへこたれることなく、とても立派でした。

ねこちぐらにほい嗅げども入りゃせぬ  あと一歩進めば尻はおさまるものを  君と共に齢重ねる夢を見る

左から (04.10.03)   (04.10.08)   (04.10.09)

最期は、いつもの窓辺に寝そべり、私と母になでなでされながら、息を引き取りました。母は「私もすぐ後から行くからね」と声をかけてあげてました……

そして、たまちゃんが亡くなってひと月後に詠んだ句。

悲しみの薄れゆく日々愛の深まる  池の上のたま

左から (04.11.12)   (04.7月)

そして、このあと、母の闘病生活が始まり、私は母を自宅で介護をするようになり、そして、6月、母は亡くなりました。母はたまちゃんをよく庭で散歩させていました。(実際は、母が庭仕事をしているまわりをたまちゃんがうろうろしている感じ)天国でも一緒に仲良くお散歩しているといいなあと思いながら詠んだ句で終わりです。

ひさかたの母と和みの散歩かな  母とたま  母とたま2
左から (05.07.04)   (04.7月。母に抱っこされるたまちゃん)

ちなみに、母はもちろんたまちゃんに呼ばれて逝ったのではなく、体調が優れずにずっと通院していたにもかかわらず、医者に恵まれず(共済病院の担当医は「これ以上僕にできることはないから、他の病院に行って」とまで言ったバカ医者ですた。バカは医者になるなっ)、最後の最後に近所の町医者で深刻な状態だと知らされるまで、末期癌と診断されなかっただけで、本人は心のどこかでうすうすわかっていたのではないかと思います。

【番外編】

他にこんな句も詠んでますた。毒を吐いてるのもあれば、乙女なのもあり

イチローのエラそでムカつく記者会見  父ちゃんが「甘っちょろい」って言ったから九月八日は説教記念日

左から (06.03.23)   (06.09.11)

あと2か月で、説教記念日だ(笑)。





Mein erstes Buch

  • 2010/07/04(日) 18:08:55

(初めての一冊)


パブー
というサイトに、薬師田童というフザけたHNで「ベス・ゲラート」というケルト童話の翻訳をアップしました。まだ半分しかアップしてないんですけど、別に引っ張ってるわけではなく、まだ最後まで訳せてないのです

もしよろしかったら、読んでいただけると嬉しいです(_ _)。

「ベス・ゲラート」直接リンクはこちら

パブーはまなみちゃんのブログで知りました。いいサイトを教えてくれてありがとう、まなみちゃん。ちなみに、まなみちゃんは自作の詩をアップしてます。わしもいつかはオリジナルをアップしたいにょ。