Die Japanische Tradition

  • 2011/02/06(日) 23:25:03

(日本の伝統)……てか、「筆供養」

ちょっと前の(や、かなり前か)読売新聞朝刊にこんな記事が。

**************************************************
 学問の神様・藤原道真をまつる、鎌倉市二階堂の荏柄天(えがらてん)神社で25日、筆供養が行われ、使い古された筆や鉛筆計約5000本が供養された。
 同神社は、太宰府天満宮(福岡県)、北野天満宮(京都市)とともに三天神社と称され、筆供養は毎年、「初天神」の1月25日に行われている。神事の後、火鉢に火が付けられ、参拝客は、燃え上がる炎に次々に筆と鉛筆を投げ入れて手を合わせ、学力向上や書道の上達を祈願していた。
**************************************************

わしは、こういう○○供養ってのに行ったことがなく。特に関心もなかったから。でも、もう立派な乙女なお年頃なわけだし(わしは、「40代女子」とか言っちゃう莫迦は断固認めねえヾ(*`Д´*)ノ"彡☆)、そろそろこういうのにも行ってみましょうかねと。てか、来年ね。

書道は、上達するかなり前の段階で投げ出して、もうかなり長いこと経つ。またちゃんとやりたいとはずっと思ってるのに、なかなか。でも、なんだかんだで、ぼちぼちでいいから再開できたらと。

たらたらと。

ところで、旧ブログなんですが、メモ的存在として残すことにしました。一度は削除しようとしたブログってこともあるし、とにかくなんやかんやで、あのまま残すのは自分的にちょっとアレというのがあって、こそこそちょこちょこといじってまふ。記事と共に、せっかくもらったコメントが消えてしまうこともあるけれども、そういう時は、笑ったり胸にずんと来たりいろいろしつつ一度読み返して、んで、改めて感謝しながら削除させてもらってるような感じです。

そして、わしのPCなんですが、まだ古いまんまです。セール中に買いそびれたまま、なんか、そのままになってをり。そんなわけで、エキサイトブログには相変わらず訪問できないままだし、ついでに言うと、携帯もないままです。ポンヘちんにお誕生日おめでとうメールができなかったことが心残りと言えば心残り。ううう

昔と比べたら格段に安くなってるんだから、もーいい加減買えよ>じぶん

や。こんな時代だからこそ、敢えて、一人ガラパゴスを目指すという生き方もあるか……